歯を白くするセラミッククラウン

セラミッククラウン法とは、ホワイトニングやラミネートベニアでも白くならない歯や、ムシ歯などに侵された歯の外側を削り、クラウンと呼ばれるセラミックでできたかぶせもので覆うことで、歯並びをよく見せる歯の矯正方法のひとつです。

歯を白くしたり、出っ歯などの歯の形から歯並びに至るまで審美的要素をいちどに改善することができる治療法として、審美歯科でよく行われる歯科技術になります。

審美歯科治療に用いられるセラミッククラウンには、大きく分けて『オールセラミックス』と『セラミック焼付金属冠』の2種類があります。その他、『ハイブリッドセラミッククラウン』と呼ばれる種類もあります。

それぞれ材質と、それに伴う特徴が異なるため、治療を必要とする歯の部位や、歯の役割、それに希望の歯の白さに応じて選択することが必要です。審美歯科医院では、そのために治療前に必ずカウンセリングがおこなわれています。カウンセリングでは、自分の希望と、現在の歯の状態に基づいて、どの治療法で歯を白くするか専門の審美歯科医師としっかり相談しましょう。

歯を白くするラミネートベニア

歯を白くする審美歯科での歯科治療法のなかに、ラミネートベニア法と呼ばれる方法があります。

ラミネートベニアとは、黄ばんでしまった歯の表面を削り、薄いセラミックの板を歯の表面に接着することで歯を白くする、審美歯科技術のひとつです。

主に遺伝が原因でホワイトニングだけではなかなか白い歯にならない症状や、歯の形を整形したい時などに、歯の表層を少し削り、セラミックを貼り付けることによって白い歯を取り戻します。

審美歯科でラミネートベニアにかかる治療期間はわずか2回程度の通院で済みますので、ビジネスマンやOLなど、日ごろ忙しく何度も通うことが困難な人でも、気軽に治療を受けることができます。

白い歯を得ようと、日ごろ一生懸命歯のケアをしても、歯が生えてきたときから強い変色があるという人などは、ラミネートベニアによる歯科治療が最も適切であるといわれています。

ラミネートベニア法による審美歯科治療は、歯の表面を少し削るだけという、手軽で、歯にも優しく、簡単に美しく爽やかな白い歯を手に入れる方法でもあるのです。さらに歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯など非常に幅広く適応できるうえ、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できるという歯列矯正的な一面も併せ持った治療法だといえます。

審美歯科のジェットクリーニング

審美歯科の治療法のひとつにジェットクリーニングという方法があります。ジェットクリーニングによって、どのように歯を白く治療するのでしょうか?

ジェットクリーニングは、その名の通り歯を白くするためのクリーニングのひとつです。ジェットポリッシャーという機械を使い、歯に付着したタバコのヤニ、茶渋を洗い落とし、元々持っている綺麗で白い歯を取り戻す審美的治療法です。

ジェットクリーニングは黄ばみの元だけでなく、歯垢もいっしょに取り去ってくれるので、口の中がさっぱりときれいになります。審美歯科ではその他のホワイトニング治療の前後に実施されることも多いようです。

ジェットクリーニングは歯を削るようなことがなく、どちらかと言うと歯を磨くということなので、歯や歯茎に優しい治療法だと言えます。

審美歯科での治療が完了した後も、半年や一年に一度と言った割合で、このジェットクリーニングだけを受けに、審美歯科へ通う人もいるくらいです。

審美歯科とは

審美歯科という言葉を、最近よく聞くようになりました。

審美歯科治療とは通常の歯科治療とはいったいなにが違うのでしょうか?そして、同じくらい話題になる、美容歯科との違いはいったいどこなのでしょうか?

従来の歯科医は虫歯や歯周病に代表される、歯や歯肉の病気や症状を治すことが、最重要とされていました。しかし審美歯科は従来の治療から、更に一歩踏み込んで、ただ症状を改善するだけでなく、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。ここが審美歯科と通常の歯科治療の違うところです。

審美歯科は、美しく健康な白い歯や歯肉を作ることに加え、美しい笑顔を作ることも大事だと考えています。
白く美しい歯、そして美しい笑顔を取り戻すことは、外見的、精神的にも、さまざまな面で良いほうへ働くようです。

審美歯科では現代の歯科医療を元に、歯の健康をはじめ、美しい笑顔、そして健康な精神を得られるよう、最先端の技術を結集して、審美歯科治療をおこなっています。

白い歯と同時に、美しい笑顔を手に入れることで、自分に自信を持てるようになる。これって本当に素晴らしいことではないでしょうか。

ホワイトコートは歯のマニキュア

ホワイトコートは歯のホワイトニング治療のひとつです。

審美歯科でも歯を白くする歯科技術として需要が高いホワイトニング治療です。手軽に行えるので、まさに、歯のマニキュアといえます。

審美歯科治療でのホワイトコートの特徴ですが、なんといっても通院の必要が無く、約30分程度の1回の治療で完了することでしょう。忙しいビジネスマンや、OLに人気があるのはこのためです。

ホワイトコートはさらに、従来の審美歯科治療と異なり、歯を削る必要がありません。そのため、歯にダメージを与えることもありません。もちろん刺激の強い薬剤は使わないから痛みもなく、しかも安全です。

歯を白く覆うコート材には、通常の虫歯の治療に使う詰め物と同じ材質のものを使用します。金属の差し歯や被せ物であっても白くなります。そして、ホワイトコートは一度施すと、歯の白さが1〜3ヶ月も持続するので、経済的でもあります。

歯科技術は日進月歩でどんどん進歩しています。ホワイトコートもホワイトニングの有効な審美歯科治療方法として、確立されてきています。