白い歯が黄ばむ原因

歯を白くするためにおこなうホワイトニングですが、そのためには歯が黄ばむ原因を知っておくことは重要なことだと思います。歯が黄ばむ原因は生活習慣が大きな要因であることも多いのですが、それだけではなく実は加齢や遺伝なども関係しているといわれています。歯が黄ばんでいると、なかなか笑顔を見せることができません。毎日笑って暮らせるように、歯の黄ばみで悩んでいる人は、歯を白くするホワイトングをはじめてみてはいかがでしょう。

歯の構造に起因するのですが、歯の表面は半透明色のエナメル質の硬い組織に覆われています。そしてエナメル質の中には黄褐色の象牙質という組織があります。歯が黄ばむ原因としては、年齢とともにエナメル質が薄くなってしまい、逆に象牙質の厚みが増してしまうため、象牙質の黄褐色が透けて見えることが原因であるといわれています。

白い歯が黄ばんでしまう原因は、他にもあります。目の色や皮膚の色、髪の毛の質と同じように遺伝が関係しているといわれています。歯の色に関しても遺伝が関係しているということです。親が黄ばんだ歯をしていると、その子供まで遺伝し、白い歯が黄ばんだ歯になりやすくなるようです。

歯を白くしたいと、毎日ちゃんと歯磨きなどケアをしている人の中にも、歯の黄ばみに悩んでいる人は多いと思います。そのような人は生活習慣ではなく、加齢や遺伝が関係していると考えてまず間違いないと思います。しかし、加齢や遺伝で歯が黄ばんでいる人に関しては、ホワイトニングで十分に歯を白くすることができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14148474

この記事へのトラックバック