歯を白くするセラミッククラウン

セラミッククラウン法とは、ホワイトニングやラミネートベニアでも白くならない歯や、ムシ歯などに侵された歯の外側を削り、クラウンと呼ばれるセラミックでできたかぶせもので覆うことで、歯並びをよく見せる歯の矯正方法のひとつです。

歯を白くしたり、出っ歯などの歯の形から歯並びに至るまで審美的要素をいちどに改善することができる治療法として、審美歯科でよく行われる歯科技術になります。

審美歯科治療に用いられるセラミッククラウンには、大きく分けて『オールセラミックス』と『セラミック焼付金属冠』の2種類があります。その他、『ハイブリッドセラミッククラウン』と呼ばれる種類もあります。

それぞれ材質と、それに伴う特徴が異なるため、治療を必要とする歯の部位や、歯の役割、それに希望の歯の白さに応じて選択することが必要です。審美歯科医院では、そのために治療前に必ずカウンセリングがおこなわれています。カウンセリングでは、自分の希望と、現在の歯の状態に基づいて、どの治療法で歯を白くするか専門の審美歯科医師としっかり相談しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14724723

この記事へのトラックバック

ハムスターブログ更新情報について
Excerpt: ★このトラックバックはハムスターブログ更新情報へping送信を行ったブログに対し自動で送信しています★ハムスターと関係のないブログからのpingはご遠慮くださいますようお願いいたします。
Weblog: ハムスターブログ更新情報
Tracked: 2008-05-31 01:35