ラミネートベニアカテゴリの記事一覧

歯を白くするラミネートベニア

歯を白くする審美歯科での歯科治療法のなかに、ラミネートベニア法と呼ばれる方法があります。

ラミネートベニアとは、黄ばんでしまった歯の表面を削り、薄いセラミックの板を歯の表面に接着することで歯を白くする、審美歯科技術のひとつです。

主に遺伝が原因でホワイトニングだけではなかなか白い歯にならない症状や、歯の形を整形したい時などに、歯の表層を少し削り、セラミックを貼り付けることによって白い歯を取り戻します。

審美歯科でラミネートベニアにかかる治療期間はわずか2回程度の通院で済みますので、ビジネスマンやOLなど、日ごろ忙しく何度も通うことが困難な人でも、気軽に治療を受けることができます。

白い歯を得ようと、日ごろ一生懸命歯のケアをしても、歯が生えてきたときから強い変色があるという人などは、ラミネートベニアによる歯科治療が最も適切であるといわれています。

ラミネートベニア法による審美歯科治療は、歯の表面を少し削るだけという、手軽で、歯にも優しく、簡単に美しく爽やかな白い歯を手に入れる方法でもあるのです。さらに歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯など非常に幅広く適応できるうえ、セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できるという歯列矯正的な一面も併せ持った治療法だといえます。